スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア・アンコールの旅07 

前回のカンボジアにカボチャという
高度なギャグを完成させていた場所の近くには
馬がいる。乗れるんかな。

DSC_0469_R.jpg

なんか東南アジアで
見かける動物にしては肉付きが良い!!
きっと儲かってらっしゃるんでしょう!!

その場所からもうちょっと行ったところに・・・

DSC_0468_R.jpg

池に映るアンコールワット(の本堂)!!!

これは絵になるねえ。
たくさんの人々が写真を撮ってた。
それもそのはず
旅行雑誌やパンフレットは
この角度からの写真が圧倒的に多いもんね。

じゃあ、そろそろ本堂に行ってみよう!!
ん・・・?

DSC_0459_R.jpg

なんか緑のシートかぶってない?
お店でも出てるの??


DSC_0477_R.jpg

いや、工事中!!
というより、修復中かな。
古代に作られた建物だし
内戦の影響で損傷も激しいもの
そりゃ修繕が必要だよね。
世界遺産なんだから
遺してかなきゃいけないものだしさ。


DSC_0480_R.jpg

それじゃ、本堂突入しちゃいますよ!!
スポンサーサイト

カンボジア・アンコールの旅06 

なんかカンボジア編になってから
毎回書いてるけど
暑い・・・!!
もう水分という水分が体から奪われていく。


DSC_0446_R.jpg

このキレイな快晴に
見舞われるのは
僕が晴れをとこだということを
実証してくれてるんだけど・・・
4月のカンボジアは尋常じゃあない。
やばい。
水必須!!!!
チケット売り場の脇で売ってた
ミネラルウォーターを買ったんだけど
たしか500ml2本で1ドルやった。


DSC_0450_R.jpg

なんていうんですかね。
こういう広場というか庭園が
参道の脇に広がってきます。
芝生です。
若い白人がはしゃいでいる確率高し。
ガイドさんの話をまじめに聞いているのは
日本人と白人の老夫婦です。


DSC_0456_R.jpg

庭園にはこういう感じの祠がちらほら
アンコール様式(?)の造りで
一つ一つが感動。

たぶん、京都のお寺の
小さな祠を見て
ギャーギャー言ってる外国人と同じ感覚。
今ココで、彼らの気持ちがわかったよ。


DSC_0445_R.jpg

こっちは修復中。
なんか補修の添え木が
バキっといってしまわないのか
不安なんですけど。
だって石って結構重いじゃないですかっ!!


DSC_0458_R.jpg

カンボジアにカボチャ・・・
なんという高度なギャグを
アンコールワットで完成させてるんだろう。

ていうか、ギャグじゃないにしろ
なんでカボチャがココに・・・!?

カンボジア・アンコールの旅05 

アンコールワットの正門をじっくり見ていると
とっても芸が細かい。


DSC_0423_R.jpg

こんな彫刻やデザインが
ほぼすべての箇所に彫られているんだからすごい。
忠誠心や信仰心のすごさを感じられます。

DSC_0420_R.jpg

柱の根元にまで
飾り彫刻かあった形跡が!!
うーん、芸が細かい。


DSC_0426_R.jpg

美しい女神様まで彫ってる。
チラ見してくるだなんて
恥ずかしがり屋さんなのかな。


DSC_0430_R.jpg

正門の中には・・・
手がいっぱいある阿修羅的な
石像がある。
ありがたい感じ!!


DSC_0439_R.jpg

正門を出ると遠くに見えるは・・・!!

さー、いくぞー!!

カンボジア・アンコールの旅04 

アンコールワットへの道のりは意外にも長い。

いや、まあ、言うほど長くはないんだけど
暑さとの戦い。全体的に。笑


DSC_0389_R.jpg

参道は左右で状態が違う!!

これは十数年前まで続いてた内戦で寺院は破損し
大きくダメージを受け、右は修復してるけど
左は未修復のままにしてあるんだって。

初っ端からで申し訳ないんだけど
何気にアンコールワットの中でココが一番好き!!

旅番組でアンコールワットやってるの見ると
地味にスルーされてるんですよ。ここ。
残念すぎるー。


DSC_0380_R.jpg

欄干の装飾彫りや彫刻は
いちいち芸が細かくておしゃれ感。

家もこんな感じにしたい。
いや、欄干すらないんだけど。笑

DSC_0390_R.jpg

お濠にはミナモが静かな水をたくさん湛える!
キレイに熱帯雨林の木々を反射してて良いなあ。
こういう自然的風景も世界遺産って感じ。


DSC_0411_R.jpg

くるっと後ろを振り返ると
気球があがってる!!
上空から見るアンコールワットも
きっと素敵なんだろうなあ。
僕は陸から攻めます!!


DSC_0412_R.jpg

正門を潜り抜けて
最初の広場っぽいとこに潜入!!

カンボジア・アンコールの旅03 

アンコール遺跡群の中で
まず最初に連れて行かれたのが
一番有名なアンコール・ワットからー。

なんかシェムリアップの市街地少し外れると
道が補正されていないので
ガタガタしてお尻痛くなる。


DSC_0351_R.jpg

どうやらメインゲートに到着した感じ。
ラテライト地質で地面が赤いなー。
砂も細かいさらさらー感。

そしてくそ暑い!!!!!!!

DSC_0353_R.jpg

朝早い時間なのでまだそんなに人が多くないとか。
これでも十分多いと思うけどね。
まあ、超有名な世界遺産だからそんなもんか。笑


DSC_0369_R.jpg

ていうか、犬多い!!
かわいいー!!


DSC_0359_R.jpg

こっちにもぐっすりした犬が。
この旅以降
各地の犬を写真に撮ることが好きになった!

東南アジアの犬は基本的に
ぐったりしてるか
適当にうろついてる程度で
怖いって感じはしないなあ。

まー、人間の近くにいる犬だけだろうけど。
野犬となれば話が違いそう。
狂犬病とかも怖いしね。


DSC_0378_R.jpg

そいじゃ、いっちょ行きますか!!

カンボジア・アンコールの旅02 

シェムリアップに到着して謝意所の朝。
おはカン。

朝っぱらから超暑いです。
頼んであった現地ツアーの
マイクロバスに乗り遅れないように
支度して出掛けます。


DSC_0333_R.jpg

昨夜は、雰囲気重いなあ。
と、思っていたシェムリアップ。
日が出てみると
案外重く無いじゃん!!
いい感じ。


DSC_0338_R.jpg

こういうところで
ゆったりできる時間があるくらい
余裕のある旅をしてみたいなあ。


DSC_0337_R.jpg

でもやっぱベトナムとは雰囲気ぜんぜん違う。
まー、ベトナムは社会主義国だから独特の空気あったけど
それとはまた違う感じかなー。ここも。
僕はどっちも好きだけどねー。


DSC_0343_R.jpg

トゥクトゥクはこの旅では乗らなかったよ。
まあ、また別の旅で乗ることになるんだけど
このときはまだそれを知らないよね。
当たり前だけど。


DSC_0347_R.jpg

遺跡群のチケット屋さんです。
ここでチケットを買っちゃいます。

ちなみに遺跡群は
外国人はチケット必要みたいだけど
カンボジア国民は無料なんだとか。
なんかの番組の企画で
ネプチューンの名倉さんはアンコールワットに
チケットなしでは入れちゃったらしい!!
(あとで、ちゃんとチケットは買ったようだけど。笑)

こういうときに東南アジア顔だと得するんかな。
何気に僕は日本人って解るらしい。
海外で中国人に間違えられたことは
実は今まで一回もない。
まあ、近いところで台湾人に
間違えられたことは一回だけあるけど・・・
その話はまた別の旅の話なので
そのときに!!

カンボジア・アンコールの旅01 

VN835 ハノイ→シェムリアップ で
ベトナムからカンボジアに入国。

カンボジアは東南アジアにある王国。
クメール文化が根付いている国ですね。

ハノイより南にあるので
到着した瞬間から結構…いや、めっちゃ暑い。
4月のカンボジアは暑季なので・・・
夜にもかかわらず遠慮なく暑い。

カンボジアに入国するにはビザが必要。
アライバルビザ(到着してから取得するビザ)は面倒だと思っていたので
あらかじめ日本の在名古屋カンボジア領事館で取得済み。

面倒くさそうに入国審査をされて入国!

DSC_0328_R.jpg

あー、当然だけどベトナムと結構雰囲気違う。
なんか、失礼な話だけど雰囲気重い。


DSC_0311_R.jpg

とりあえず、まだ開いてる両替所にて
換金を済ませておきたい!!
めっちゃ喉渇いてるもん。

カンボジアの通過はカンボジアリエル。
1000リエルで大体25円くらい。
物価に関しては感覚だけど
ベトナムとどっこいどっこいorちょっと高い。
実際のところはどうなのかな。


DSC_0326_R.jpg

換金を済ませて謎のコンビニ
セブンイ・・・シックスイレブンへ!!
水がほしい!!!!!!!!!!!!


DSC_0323_R.jpg

謎のペットボトルの水を握り締め
レジに向かう途中、わさび発見。
こんなところで日本を思い出すとはねえ。

カンボジアでのメジャーな水ってなんだろう。
ベトナムではLaVieだと思うんだけど。

DSC_0325_R.jpg

なんかちょっとにぎやかな場所。
酔っ払いに絡まれるわ
トゥクトゥク乗ってけ言われるわ
えっちなお店に行かないか腕握られるわ
なんか面倒くさい!!

sorry, just looking this avenue!
って言ったら
jjust looikng is 1dollar!!
だって!!!!
払うわけない!!!!!!!笑

まあ、そんなこんなでお宿に到着。
エアコンガンガンの部屋で寝ます。

ベトナム・ハロン湾の旅15 

ハロン湾を後に
一路ノイバイ国際空港へ。

再びベトナムのカントリーロードを行きます。

DSC_0302_R.jpg

ベトナムの交通事情も
もはやへーきへーき。

風景を楽しみながら進んでいきます。

4時間半の道のりは長いので
途中トイレ休憩。


_237large.jpg

仏教が大半を占めるベトナム。
大仏様がたくさんいます。
とってもありがたい気持ちになるトイレ休憩。


_110large.jpg

ここでは戦争を経験した両親から
枯葉剤の影響で障碍をもって生まれてきた子供たちが
働いていました。

ちょっと考えさせられました。


_28large.jpg

さあ、これでベトナムともお別れ!!
ノイバイ国際空港に到着!!


_247large.jpg

(前の白人カップルが
手をつないでるのがむかつく!!笑)
次の目的地は・・・
SIEM REAP シェムリアップ!!
カンボジアに入国しますー!!

ってことで、次回からは・・・
カンボジア編を書こうと思います。

ベトナム・ハロン湾の旅14 

DSC_0232_R.jpg

船は奇岩と奇岩の間をすり抜け
ハロン湾の名所に到着しました!!


DSC_0273_R.jpg

闘鶏島!!
二匹のニワトリが
喧嘩しているように見える!!
自然が作った芸術!
これって後何百年、何千年もしたら
形が変わってしまうのかな。


DSCN3673_R.jpg

そして絶景ポイントは
おいしいビールがお供です。
ちなみに僕はめったにお酒は飲みません。
飲んでるのは友達。



今まで進んできた逆方向を見てみると・・・

DSC_0262_R.jpg

うお!!
すごい。
たくさんのすり抜けてきた岩が島が
海と空にはさまれてる!!


DSC_0263_R.jpg

船がたくさん集まってきちゃうと
こんな感じ。

船が密集する前の景色
とっても素敵な風景だった!!!

ベトナム・ハロン湾の旅13 

絶景ポイントまであと少し!!

ハロン湾は世界遺産であると同時に
海であり人が生活している場所でもある。

だから観光客も現地の人もたくさん見ることが出来ますよ。

DSC_0234_R.jpg

船首に腰掛けてまったり。
いい感じ。
毎日こんな感じならきっと楽しいんだろうな。


DSC_0250_R.jpg

こっちは屋根に腰掛けるパターン。
これいいよね。絶対気持ちいい。
発想が現地人くさい。


DSCN3656_R.jpg

観光客に手を振れば振り替えしてくれる。
旅の恥は掻き捨て。
旅先では引っ込み思案な日本人をやめて
白人のようにフレンドリーでフランクに振舞いたい。
なかなか簡単ではないけどね。


DSCN3666_R.jpg

「もうかりまっかあ」
「ぼちぼちでんなあ」
「ウチもさっぱりわやや」

なんかそんなやり取りがなされてりるのかなと
妄想してみるのも楽しい。


DSC_0260_R.jpg

現地の人ってみんなしたたかだな。
そう思いながらこんな写真を撮るのだ。

絶景もいいけど
僕はこういう未知の日常的な写真が好きなのかもしれないです。

ベトナム・ハロン湾の旅12 

と、いうことで

水上生活水産業の筏にお邪魔させてもらいます。

DSC_0224_R.jpg

すごい画づらですね・・・!
ちなみに聞いた話によると
水上生活している人たちも
ちゃんと住民票があって
手紙を出せば届くんだそうですよ。
水上生活村には病院や学校もあるから
もはや本当にひとつの村。

湾になってても
たくさんの奇岩や島があるおかげで
ほとんど波立たないハロン湾だからこそ
水上生活が成立するのかも。

DSC_0219_R.jpg

おお!
筏にくりぬいた穴が開いていて天然の生簀になってる!!
海産物の直売所だね!!

ちなみに僕は生の魚介類は食べられないし
貝類とかは火が通ってても苦手。

DSC_0212_R.jpg

こういう魚は煮付けたり
焼いたり、フライにしたら
おいしいんだと思う。


DSC_0217_R.jpg

あ、え!!??
カブトガニ!!
これって日本では天然記念物だったよね。。。
ここでは食べられるのか・・・!!
どんな味なんだろう・・・
僕の苦手な味の可能性が高いな。。。笑


DSC_0220_R.jpg

水上生活の人のために
野菜や果物とかは船で売りにくるんだとか。
観光客向けにお菓子とかも売ってるみたい。
画になるシチュエーションですね。

ベトナム・ハロン湾の旅11 

DSC_0170_R.jpg

時間は11時位になってきて少し暑く感じてきた。
船は絶景エリアを目指して着々と進んでいく!


DSC_0173_R.jpg

朝方はガスっていた空も
お昼になってきてめっちゃ良い天気になってきた!!
自称晴れ男は伊達じゃあないよ!!


DSC_0174_R.jpg

こんな感じの奇岩がある水道を進んでいく。
あ、水道と海峡の違いってなんだろう。


DSC_0194_R.jpg

おおおおー。この迫力。
いい感じ良い感じ。
秘境感2倍増やよ!!

DSC_0208_R.jpg

こんな感じで水上生活していたりする人もいるんだ。
水産業をしている人がほとんどらしい。

これはちょっとお邪魔してみるしかなさそう!!!

ベトナム・ハロン湾の旅10 

島に上陸して崖に設置された階段をひたすら上っていく!!
ちょっと暑くなってくる感じ。

周りの植物のなんだか熱帯っぽくて雰囲気いい感じ。

DSC_0106_R.jpg

そして、中腹くらいにある洞窟に入っていきます・・・そして目の前に広がる光景は・・・


DSC_0109_R.jpg

鍾乳洞!!


DSC_0122_R.jpg

ライトアップされてて幻想的。


DSC_0130_R.jpg

ここはダウゴー島のティエンクン洞という場所。
石灰質の地質であるハロン湾ならではの光景!!

話によると、この石灰質の地質は
中国の桂林からベトナムのハロンまで地続きで来ているんだとか!


DSC_0157_R.jpg

鍾乳洞は歩いて30分ほど楽しんで
外に出てみると・・おお!!
工事中だった湾口も良い景色!!!

さあ、ここからは絶景スポットを目指して再び船に乗り込むよ!!

ベトナム・ハロン湾の旅09 

DSC_0038_R.jpg

真っ赤な背景の真ん中に黄色の星。
ベトナム国旗をなびかせて
船は世界遺産の湾を進みだしましたよ!!


DSC_0052_R.jpg

友人もこの景色には写真を撮らざるを得ないよう!
ていうか、この船の乗客は僕と、友人と、日本人女性一人と
3人だけの貸しきり状態!!!

DSC_0092_R.jpg

まず最初に目指すのはこの島!!
この島には石灰質のハロン湾の奇岩を
違った形で楽しめって話ですよ。
どんな感じなんだろう!!

DSC_0095_R.jpg

見た感じは普通の島。
この島に何があるって言うの??


DSC_0101_R.jpg

島に上陸!!
湾口を工事しているみたいで・・・なんか景色的にどうなの!?

さあ、島に潜入してみよう!!

ベトナム・ハロン湾の旅08 

アジア感たっぷりな朝市を満喫して
ついに無何有は今回の旅の目玉・・・
ベトナム随一の景勝地、世界遺産のハロン湾!!

ハロン湾には龍伝説があるんだ。

ベトナムの建国神話なんだけど
昔、中国からの侵略で戦が絶えない時期。
天から龍が舞い降り巨大な宝石を吐き出した。
その宝石は砕け散り、無数の破片となり
侵略者を追い払ったという。
そして、その破片の多くは海に突き刺さり
そのまま奇岩となった・・・と。

龍が降りた湾・・・それ故、降龍湾(はろんわん)となりました。
ベトナムは今でこそ違うけど、漢字文化圏。

ちなみにハノイの旧名は「タンロン」・・・
漢字では「昇龍」と書くということは
龍はこの町から天に帰ったんでしょうね。


では、その伝説の地へいざ参ろう!!

DSCN3634_R.jpg

船着場に到着!!
結構観光客が多い感じ。


DSCN3636_R.jpg

たっくさんの船が停泊中。
どれに乗るんだろう。


DSC_0008_R.jpg

ジャンク船。こういう船に乗ることに!
わくわくするー!!


DSC_0010_R.jpg

良い雰囲気。
これだけで海への玄関口って感じでいいな。


DSC_0014_R.jpg

ベトナムの菅笠、ノンラー買っちゃいましたよ。
そいじゃ、いざ出航ー!!

ベトナム・ハロン湾の旅07 

市場の奥のほうへ進んでいくと
なんだか生臭いようなにおいが充満してきます。

DSCN3611_R.jpg

やっばり!!
魚のにおいだ。
こういうにおいが嫌いな人は
たぶん、おえってなるかも。。。

僕は大丈夫なんだけどね・・・

でも、何度嗅いでも、おえってなってしまうにおいが1つ・・・
これはまた別の国のなので
また後々話していきますね。


DSCN3612_R.jpg

食用カエルですねー。
めっちゃ生きがいい感じ。

DSCN3616_R.jpg

なんかなぞの海産物。
ベトナムは大多数は宗教的に「食」に対するタブーが無いので
大体なんでも食べるイメージ。

そういう意味でも日本人と近いのかも。


DSCN3627_R.jpg

蓄肉類。
この辺は衛生面を考えてか
直射日光から避けられた
アーケード的な作りになってた。


DSCN3632_R.jpg

なんらかの食べ物を調理してくれるところ。
良い匂いがしてけど
これは結局なんだったんだろう??

ベトナム・ハロン湾の旅06 

朝食でお腹もいっぱいになったので出発。

早速ハロン湾へ!!
と、その前にまずは・・・朝市に行ってみることに。
アジアの朝市って素敵ですよね。
夜市もいいけど、朝市もディープな感じがして大好き。

DSCN3595_R.jpg

いいね。
まさにアジアの朝市って感じがする。
散らかり具合や雑な感じが好奇心をそそる。
どんどん奥へ行ってみたくなる!!


DSCN3596_R.jpg

生きたまんま!?
これはすぐ食用になるんですかねえ・・・
いったん家畜化するのかは不明。
隣にある計りが若干不気味な予感がしますけども!!!!


DSCN3605_R.jpg

緑色の野菜専門店??


DSCN3608_R.jpg

こっちはカラフルな野菜がたくさん。
絵面的にはこっちのほうが良いかもね!!

右隅にある青いバナナ。僕好きなんですよ。
黄色い熟したバナナより歯ごたえがあって好き。


DSCN3633_R.jpg

果物屋さん。
ドリア、グアバ、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、リュウガン・・・
トロピカルフルーツがたくさん!!


奥に進んでくると
ちょっと生臭い匂いが漂い始めてきた・・・!!

ベトナム・ハロン湾の旅05 

ベトナムの旅のいよいよ二日目。
疲れていたけど、旅のテンションもあってかあんまり寝付けないまま朝を迎えました。

そして一番寝付けなかった原因は・・・
バイクの排気音とクラクション!!
さすがベトナムやなー。




グッドモーニングベトナムー!!
眼前には神秘的な世界遺産ハロン湾が・・・

DSCN3585_R.jpg

・・・ガスってんじゃん!!!

えー、せっかくの世界遺産なのにこんな天気だなんて!!
僕は晴れ男なのに・・・


DSCN3586_R.jpg
船着場をズームしてみると
すでに船がたくさん集まってきてる。
あの中のどれかに乗るのかな。


DSCN3587_R.jpg

道路は南国チックな雰囲気。
うーん、いい感じ。異国情緒ー。

DSCN3588_R.jpg

海の反対側は山がある。
うーんいいね。
この辺は結構自然豊かで好きかも。


DSCN3593_R.jpg

朝ごはんはベトナムの定番フォー。
体にも心にもあったかい。
コシのない感じで朝の胃にも余裕で入り込む。

さて!朝ごはんもすんだことだし
行きますか!!!!

ベトナム・ハロン湾の旅04 

ハノイからおよそ四時間かけてハロンに到着です。
時刻はすでに夜になっていて真っ暗。
お昼だったらきっと眼前には世界遺産のハロン湾があるのかな??

そんな期待を市ながら夜ご飯を食べることにします。
初のベトナム料理!!!

とりあえず開いてるベトナム料理のレストランに突入です。
お店の名前は忘れちゃったよ。ごめんね。

お勧めのコースを注文。
もうおなか減ったよ。
まだー!?

DSCN3574_R.jpg

前菜の汁的なもの。
あんまりおいしくない。


DSCN3576_R.jpg

ご飯と
えびと
炒め物。

あれ・・・微妙??


DSCN3577_R.jpg

お魚とあんかけ的なもの。
あれー、なんか思ってた味と違うよー。

DSCN3578_R.jpg

スイカとドラゴンフルーツ。
これはおいしいけど・・・


初めてのベトナム料理は微妙だった!!
まだこんなもんじゃないはず!!!
次の料理に期待しよう。



ていうか、この旅は友達と二人旅。
(ほぼ)一人旅なのであしからず。

次の行き先からは9割一人旅なので。


DSCN3583_R.jpg

外は真っ暗。
早めに眠って明日のハロン湾クルーズに備えるとしましょう。

ベトナム・ハロン湾の旅03 

ノイバイ国際空港からハロン湾まではおよそ4時間。
基本的にチャーター車やバス移動になると思います。
ベトナムの交通事情は非常にカオス。

DSCN3557_R.jpg

最初のうちはきっと心臓に悪いと思いますよ。
飛行機移動で疲れてウトウト・・・どころかヒヤヒヤ!!

「え?対向車、平気で車線ハミ出して猛スピードなんだけど・・・」

「無限にバイクが湧いて出てくるんだけど・・・」


DSCN3569_R.jpg

二人乗り、三人乗りなんてそんなの常識。


DSCN3553_R.jpg

運べりゃいいんよ!!運べりゃ!!


DSCN3550_R.jpg

なんと。カラオケはベトナムにもある!!
日本文化すげー!!

DSCN3548_R.jpg

日本では考えられないような3階建て。
耐震とか考えなくても良いなんて羨ましくもある。


こんな感じでなかなかウトウトしてらんない車中・・・

でもきっと、それも1時間あれば慣れちゃうんですよね。
ぐっすりですよ。
慣れって怖いね。

ベトナム・ハロン湾の旅02 

DSCN3537_R.jpg

ベトナム・ハノイはノイバイ国際空港に到着!!
4月のハノイはちょっと暑いくらいですね。
到着ゲートを過ぎるとたくさんのガイドさんがいます。
中には偽ガイドもいるとのことで注意が必要。

ベトナムの通貨はVND(ベトナムドン)です。
10000ドンでおよそ50円程度。
ドンの下の0を2つ取って半分にすると計算が速いですよ。

例:50000ドン→500→250円

空港でも日本円に換金ができますがレートはよくないですね。
街中の両替所が一番レートがいいようですが
しっかりその場でお金を数え、引ったくりにも注意!!
(なんと一部両替所では日本円の硬貨も対応しているところもある!!)

ベトナムではアメリカドルも通用します。(2012年時点)
以降、ドル表示の撤廃を進めているという話も聞きましたが
2014年にホーチミンを訪れたときもドルが通用しそうでしたし
経由で来たノイバイ国際空港の出国後のレストランも以前完全ドル表示だった。
(出国後だから当然かも)

DSCN3538_R.jpg

ちなみに2014年に日本のODAでノイバイ国際空港の
新ターミナルができるみたいですよ。
2014年9月に使ったときはまだ出来てなかったみたい。


それではハロンに向けてレッツゴー!!
大体4時間程度車移動です。

DSCN3539_R.jpg

出発して早々物騒な・・・笑

DSCN3540_R.jpg

しばらくのどかな田園風景が広がります。
田園風景でも日本とは違い異国情緒感じる!


DSCN3547_R.jpg

すこし街になってきた気がします。
やっぱバイクが多い。

ベトナム・ハロン湾の旅01 

こんにちは。
けとるです。

旅の写真がたくさんたまってきたので
少しずつ旅日記風に書いていこうと思います。

まずは2012年4月のベトナムハロン湾の旅。





DSCN3526_R.jpg

中部国際空港からVN347でハノイに向かいます。

DSCN3528_R.jpg

DSCN3529_R.jpg

機内食とおやつです。
ベトナム航空の機内食やサービスは僕は好きですね。


DSCN3533_R.jpg

5時間ほどで到着です。

DSCN3536_R.jpg

日本とは違う景色が広がりますね。

どんな旅になるのかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。