スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア・アンコールの旅015 

それにしても
ここ、タプロム寺院は
計り知れないほどの生命力の木々が
遺跡の上に鎮座してる。

DSC_0686_R.jpg

熱帯雨林の中に
長いこと放置されていたんだろうなあ。
よっこらしょってカンジで
木が石垣の上に座ってるように見える
このダイナミックな光景。
すげえ。

DSC_0687_R.jpg

「寺院」と名前がついてるから
もちろん寺院としての祭壇がある。

そこにお供え物があるってことは
この状態であっても
寺院として機能してるんだ。

ヒトもタフだけど
寺院もタフだ。
さすがカンボジア。

DSC_0691_R.jpg

崩壊してる石材に見えるこの穴。
これってまさか内戦の時の
弾痕なの!?
ひえええ・・・

ちがってたらゴメンとしか言いようがないけど。。。笑


DSC_0689_R.jpg

ほんと崩壊具合が半端なくて
時々通れない道があって
実質行き止まりってカンジになってるとこある。
ダンジョンかここは。

DSC_0693_R.jpg

ココ!!
有名な風景ですよね。
この木の根っこ。
遺跡なんてお構いなしですよ。
木もホントタフです。
したたかです。

木は遺跡を破壊しているのか・・・
それともいまや遺跡を支えているのか・・・
どっちなんだろうね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kuchiya.blog80.fc2.com/tb.php/32-a97fc9d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。