スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオス・ルアンパバーンの旅17 少民族の村 

ルアンパバーン郊外で
着てみたかった場所・・・
まずは少数民族の村です。
と、行っても観光用の
商魂たくましい村です。

P2190323_R.jpg

山奥に籠もって貧困を原因に
大麻やらなんやら
いかがわしい物を栽培して
国際的に迷惑かけるくらいなら
山の麓に下ろして
観光資源化してしまえば
政府、民族ともにwin-winじゃない?
みたいな発想があって
少数民族村の観光地があるとか何とか。

P2190298_R.jpg

まあ、それでも少数民族の生活の
一片に触れてみられるなら
観光用でもいってみる価値はあると思うのですよ。
だって、実際にそこでの生活があるんですもんね。

見たこともないような家が立ち並んでいて
本当に召集民族の生活が垣間見えますよ。

P2190295_R.jpg

ここでも普通に犬。
かわいい。
人間の生活圏には必ず犬がいます。

P2190290_R.jpg

ここでは糸車を引いている女性が・・・
糸車なんて、小学校の国語の教科書でしか
見たことないですよ。
これは貴重!!!

P2190288_R.jpg

で、それで作ったもの買いませんか??と・・・
何か買うつもりだけど、コレには用がないかも・・・
申し訳ないけど。。。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kuchiya.blog80.fc2.com/tb.php/80-8cf81bf5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。