スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオス・ルアンパバーンの旅39 カーン川~シーサワンウォン通り 

岬にもあったけど
こっち川でも発見。

P2200657_R.jpg

対岸へ渡る橋。
手前に小屋っぽいのがあるけど
コレは料金所っぽいなあ。

P2200661_R.jpg

川で何かを
獲ってるんかな。
魚・・・
うーん、違うっぽいな。
川海苔が最有力。
さあ、実際はどれだろう。


んー、お腹へってきた。
なんか食べようかな。
とりあえず大通りへ戻ろう。

シーサワンウォン通りで
小道に入ったりしながら
お店を探してると・・・

P2200669_R.jpg

あら、大手がある。
すごいな。ルアンパバーンに支店持ってるんだ。
HIS通してラオス来てるんなら
おいしい店を聞くんだけど・・・

P2200670_R.jpg

めっちゃ気持ちよさそうに寝てる。
僕も疲れたから・・・
寝るとまでは行かないけど
ご飯食べて休憩したい。

P2200672_R.jpg

とりあえず
シーサワンウォン通りを歩いていこう。
何かあるでしょ。

ラオス・ルアンパバーンの旅38 カーン川 

カーン川は
ナムカーン川とも言われてるみたいで
メコン川のように大きい川じゃない(と思う)。

P2200638_R.jpg

カーン川の
岸まで降りれる階段を発見!!
コレは行くしかないでしょ。

P2200642_R.jpg

水際まで来た!!
結構ギリギリまで行けるもんやね。

水が透き通ってる。
メコン川は濁ってるけど
カーン川は澄んでるなあ。


P2200635_R.jpg

対岸は畑になってるっぽい。
いろいろ栽培されてるっぽいね。
カーン川も貴重な水源だし
生活と密接なんだろうな。

P2200643_R.jpg

ただでさえ人が少なくて
静かなルアンパバーンだけど
ここは川のせせらぎ以外何も聞こえない。
うーん素敵な場所。

P2200645_R.jpg

対岸へ行くための船かな?
コレは現地の人の足っぽいね。

ラオス・ルアンパバーンの旅37 サッカリン通り~Kingkitsarath通り 

岬を見終えて
さあ次はどこに行こう!?

昨日はメコン川を見て
今日は合流地点を見たんなら
じゃあ、もう一個のカーン川も見ておこうっかな。

ってことでカーン川が見られる
Kingkitsarath通りに行こう!!
(なんて読むんですかね。
キングキットサーラス?)


P2200624_R.jpg

謎のお坊さんカー。
ここですcar!!

あれ、ラオスの僧侶って
車に乗っちゃいけry

P2200628_R.jpg

世界遺産の街だから
もうちょいキレイにしてほしいところ。
でも、こういうスポットあっての現地感。

P2200629_R.jpg

ここを抜ければ
kingkitsarath通り。

P2200633_R.jpg

ココナッツ的なもの
買ってみたいけど
売り子いない。

P2200636_R.jpg

カーン川!!
結構近くまでいけそう!!

ラオス・ルアンパバーンの旅36 半島の岬 

いよいよ岬に到着ですよ。
海に突き出た半島ではなくって
二つの川が交わる半島。

P2200608_R.jpg

ブーゲンビリアがたくさん咲いていて
しっかり舗装されてる感じ。
この感じならもっと奥へと行けそうやね。

P2200609_R.jpg

おおおー!
遊歩道みたいになってて素敵。
この感じの道路で
白人さんたちがたくさんいて
どうもアジアな雰囲気がしないよ!!


P2200611_R.jpg

これが川の合流地点。
うーん!!きれいやん。
向こう岸へ渡る橋があるね。
怖いから行かないけど。
雨季には破壊されそう。

P2200613_R.jpg

ここでカーン川は
メコン川と合流して
ラオスとタイの間を通って
カンボジア、ベトナムを経て
南シナ海へ抜けるんですね。
国際運河って
島国の日本にはないから
ちょっとあこがれる。

P2200621_R.jpg

犬も川を見て
何を思うんだろう。

ラオス・ルアンパバーンの旅35 半島の岬へ 

島国のラオスで半島て!!

と、思うかもしれないけど
ルアンパバーンは
まっすぐ流れるメコン川に対して
急カーブで合流しているカーン川によって
半島を形成しているんですよ。
lpq.jpg

ほら、こんな感じ。
上のおっきい川がメコン川。
そのメコン川部分に
「Khong」とか「コン」って書いてあるのは・・・
メコン川の「メ」とは「川」って意味だからなんだ。
だから
「メコン川」って呼称は
「川」が重複しちゃってるんですよね。

ってことで、半島の岬は川の合流地点。
なんか気になるので行ってみる!!!

P2200594_R.jpg

わお、「鎌と槌」やないかい。
って、ラオスは社会主義国なので
まあ、珍しいものではないですね。
ちなみにこれはラオス共産党の党旗だそうですよ。

右はラオス国旗だけど
なびいててわかりにくい。

P2200596_R.jpg

あと、これ!!
いろんな民家や
お店の軒先に
ぶら下がってるんですよ。
何なんですかね。未だにわからず。

P2200595_R.jpg

こんなところにも大仏さま。
拝んでいきたいところだけど
気持ちだけで。

P2200597_R.jpg

こういう路地を見ると入りたくなる。
でも、半島の岬に行くという
意思がブレちゃうから・・我慢我慢。

P2200605_R.jpg

道路が終わってる!!
ココから先が岬っぽい!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。